スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きぼう」と「ハッブル宇宙望遠鏡」

「め~ばま」の天の川。
漁師さんが沖に出ていった。

CM-01.jpg


水たまりの星を撮りたかった。

CM-02.jpg





風車に天の川。
人工衛星が写っていた。

CM-03.jpg


車が照明を当てた。

CM-04.jpg


ユンボが絶妙の構図で止まっていた。

CM-05.jpg


「ぷなぐら」に右から左へ「きぼう」が飛んできた。
ほどなく、頭上から水平線へ「ハッブル宇宙望遠鏡」が飛んできた。
天の川でクロスしたふたつの人工衛星。

CM-06.jpg


月が昇ってきて、天の川が薄くなった。

CM-07.jpg



静かな入江。

CM-08.jpg


移り行く天の川。




波打ち際のカメラが、撮影が終わるころには、波打ち際が遠ざかった。

CM-09.jpg


「ぴゃんちく離れ」に、「アンドロメダ銀河」が昇ってきた。

CM-11.jpg


モデルを使って、撮影の練習。

CM-12.jpg


天の川とのコラボ。

CM-13.jpg


撮影中に現れた若者のグループ。
ここで会うのも、他生の縁。
星空を案内した後、記念にパチリ。
また、天の川の下で会いましょう。


CM-14.jpg



スポンサーサイト

鳥居の天の川

天の川をハンティング。

CL-01.jpg


ヨロン駅で。

CL-02.jpg


車が来て、意としない照明。

CL-03.jpg


ヨロン駅を天の川が旅する。







ヨロン駅を天の川が流れる。

CL-04.jpg


アンドロメダ銀河が昇ってきた。

CL-05.jpg


天の川が立ち上がった。

CL-06.jpg


神社。

CL-07.jpg

CL-08.jpg


灯籠と。

CL-09.jpg


鳥居の天の川。

CL-10.jpg


天の川がゆっくり進む。

CL-11.jpg





神社を流れる天の川。

CL-12.jpg


神社に昇ってきたアンドロメダ銀河。

CL-13.jpg


天の川ハンティングに赤いシャツは似合わない。


CL-14.jpg


ピンクの入江を飛ぶ「きぼう」

遠日点の太陽。
遠い割には暑かった。

CK-01.jpg


同じ空に月。

CK-02.jpg


月をもう少し左に置きたかったのだが、
ヤブがあって寄れなかった。

CK-03.jpg



サザンクロスセンターに月。

CK-04.jpg


大金久海岸でトレイル。
三脚がぐらつき、星の軌跡がグラグラしてしまった。

CK-05.jpg


ハジピキパンタでトレイル。

CK-06.jpg


ピンクの入江を飛ぶ「きぼう」
ピンクというより毒々しい赤。

CK-07.jpg


きのこを飛ぶ「きぼう」

CK-08.jpg


与論高校に天の川。

CK-09.jpg


月夜の大金久海岸。

CK-10.jpg


「ペープナグラ」を見てトレイル。

CK-11.jpg


ソテツに実ができています。

CK-12.jpg


雲が出てきて、切り上げ時。
サイドチェストで自撮り。


CK-13.jpg



梅雨が明けた

梅雨の末期、雷光を撮る。
街灯が邪魔だなぁ。

CJ-01.jpg


光るだけで、稲妻が走ることが少ない。
かろうじて捉えた稲妻。

CJ-02.jpg


梅雨が明けると、庭に天の川。

CJ-03.jpg


人工衛星が飛ぶ。

CJ-04.jpg


去年、「とぅいし」で撮った天の川を、1時間間隔で合成した。

CJ-05.jpg


月夜の「はにぶ」海岸。

CJ-06.jpg


灯台がキラリ。

CJ-07.jpg


薄く霧がかかったような波打ち際。

CJ-08.jpg


建設中の建物が、景観を壊す。

CJ-09.jpg


ストロベリームーンは、ことし最小の月だった。
ブルームーンと比べると・・・、確かに小さい。

CJ-10.jpg


月面X。

CJ-11.jpg


沈む月、昇る天の川。

CJ-12.jpg


失敗だった。
沈む月が、街明かりに同化してしまった。
街明かりのないところで撮るべきだった。


CJ-13.jpg



プロフィール

☆風来坊

Author:☆風来坊
ヨロン島で夜空を楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。