月夜にピース

遅くなりましたが、月夜の鯉のぼり。

CQ-01.jpg


沈む赤い月。

CQ-02.jpg


灯台の明かりが消えると、

CQ-03.jpg


日の出。

CQ-04.jpg


「あ~さき」の朝日。

CQ-06.jpg


朝日を追う女性。

CQ-05.jpg


砂浜に降りた。

CQ-07.jpg


田んぼの月。

CQ-08.jpg


木星とその衛星を観察。

CQ-09.jpg


中学校の星空観察会。

CQ-10.jpg


小学校の宿泊学習に国際宇宙ステーションが飛来。
写真には撮れなかった。

CQ-11.jpg


月夜のキャンプファイヤー。

CQ-12.jpg


風車に飛来した国際宇宙ステーション。

CQ-13.jpg


月夜のモデルさん。
金星と月明かりを浴びるモデルさんのバランスが難しい。

CQ-14.jpg


コスモス畑で。
コスモスの最盛期は過ぎていた。
コスモスの笑顔。

CQ-15.jpg


月夜の海に沈思黙考。

CQ-16.jpg


こっちを向いてもらった。
「何を考えてた?」

CQ-17.jpg


定点撮影にモデルさん。
月夜は、はじめての挑戦。
ダブルピースがかわいい。

CQ-18.jpg


サトウキビの葉陰から、黄色い満月が昇ってきた。


CQ-19.jpg




スポンサーサイト

「きぼう」と雷光

右上の白い破線は国際宇宙ステーションです。
左下に雷光が走りました。
国際宇宙ステーションと雷光の取り合わせはこれが初めてでした。
これ以後、ありません。
自然を相手にすると偶然に左右されることが多いですね。
意のままにならないものに悪あがきは通用しません。
あきらめが肝心です。
反面、理想の絵を求める粘り強さも必要です。
現実生活でも学んだことが生かせればいいのですが・・・。
おやすみなさい
いい週末を・・・


CP-CP-StarStaX_DSC02923-DSC02927_lighten-2.jpg

白百合

島のあちこちに、ユリの花が咲いています。
でも、春の星々はちょっと淋しいのです。
夜も更けると天の川が昇ってきます。
天の川とのコラボも可能なんですが、睡眠不足を覚悟しないといけません。
覚悟を決めて撮りに行こうにも、梅雨になってしまいました。
梅雨の切れ間を見逃さないことなのですが・・・。
最近、睡眠不足がこたえるのです 😥
おやすみなさい 😴
あしたもいい日になりますように・・・


CP-CP-DSC06049-4.jpg

なごりのオリオン座

「縄文火焔の岩」に金星が沈む。

CP-01_201804121435353bb.jpg


「縄文火焔の岩」を左にしてスタートレイル。

CP-02_20180412143537be4.jpg


漁師さんのライト。
こっちを照らしてほしくはなかった。




雲の切れ間に、オリオン座。

CP-DSC06018-2.jpg


待っているうちに、

CP-DSC06020-2.jpg


雲が晴れた。

CP-DSC06025-2.jpg


オリオン座が沈まないうちに・・・。

CP-03_20180412143538b36.jpg


仲良しのふたり。

CP-04_20180412143540878.jpg


ちょっと寒かったけど・・・。

CP-05_20180412143541f16.jpg


見返り美人。

CP-06_20180412143543aae.jpg


あぐらをかいて。

CP-DSC09208-2.jpg


シルエットで。

CP-07_20180412143544290.jpg


すっかりリラックスモード。

CP-DSC09229-2.jpg


星空の旅を楽しんだ。

CP-DSC09226-2.jpg


「天の川銀河鉄道本線ヨロン駅」の東に木星、西にシリウス。

CP-08_20180412143529251.jpg


遊歩道ができていた。
そして強烈な照明が撮影の邪魔をする。
銀河にたたずむ駅に照明は要らないだろう。

CP-09_20180412143529e85.jpg


あそこのオレンジの照明もないと助かる。

CP-10_20180412143531c2b.jpg


長~い脚~♪

CP-11_20180412143532374.jpg


ヨロンはサトウキビの島ですが、田んぼも少しだけあります。
稲が植えてありました。
オリオン座が田んぼできらめいていました。
謎の飛行物体も田んぼに糸を引きました。

CP-12_2018041214353540c.jpg


そして稲妻。

CP-13_201804121459146c4.jpg


こいつがいちばんデカかった。


CP-14



「ぷなぐら」の砂紋

月夜の「ぷなぐら」
赤い導標とのコラボだ。

CO-01_201804071003335d3.jpg


カメラを左に振ってみた。
低い高度の星は、「カノープス」
この星を見ると長生きできるといわれている。

CO-02_20180407100334d8e.jpg


波打ち際は、導標の赤が薄まってピンク。

CO-03_201804071003362f7.jpg


北斗七星と右下にアルクトゥルス。

CO-04_20180407100337e56.jpg


ベガが昇ってきた。

CO-05_20180407100339b75.jpg


木星の下のグラデーション。

CO-06_201804071003400b3.jpg


金井飛行士が乗船中の国際宇宙ステーション「きぼう」

CO-07_20180407100342a95.jpg


月が明るいと星は少ない。

CO-08_20180407100343eaf.jpg


「ぴゃんちく離れ」に、アルクトゥルスとスピカ。

CO-09_20180407100345381.jpg


「ぴゃんちく離れ」に木星。
月が西に傾き、導標の赤い色が優勢になってきた。

CO-10_201804071003471bc.jpg


単調にならないように流木を入れたのだが・・・。
やっぱり単調。

CO-11_201804071003248a6.jpg


「ぴゃんちく離れ」から雲が流れてきた。

CO-12.jpg


砂紋がきれい。

CO-13.jpg


ビニールハウスに赤い照明。

CO-14.jpg


2匹のヤギさん。

CO-15.jpg


ことしのエイプリルフールの画像。
地球に落下する天宮1号の破片が見えた!


CO-16.jpg











プロフィール

☆風来坊

Author:☆風来坊
ヨロン島で夜空を楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR